Menu

ショップやブランドのセンスが冴える素敵な紙袋たち

自分が好きなお店やブランドなどの小物というのは持っているだけでもテンションが上がります。ロゴや柄、素材感など、自分の好みのものであれば、いろいろな場面で使いたいと思うようになります。普段店舗でもらうことになる袋というのは、自宅に持って帰るとそのまま保管した状態になってしまったり、時期が過ぎると捨ててしまうことになったりします。しかし、素材が良かったり、おしゃれな見た目になっていたりする場合には活かし方を考えたいものです。そこでショップやブランドの雰囲気が出ている素敵な紙袋などをそのままお弁当などを入れるサブバッグなどで使っていくだけでなく、生活の中のいろいろな場面で使っていくことができる方法を考えてみるとより豊かな生活を送ることができます。

お気に入りの袋をそのままインテリアに

自分の好きなブランドやショップの袋でもファッション性が高いものも数多く存在します。そのまま持ち歩くだけでもとてもおしゃれに使うことができたりするものです。それをインテリア小物としてそのまま使ってみることで楽しむこともできます。色や形、素材感が部屋にあっているのなら、そのまま壁に画鋲などでつけたりして小物入れとして使うことができたり、中身が透けるゴミ箱に入れてみるだけでも素敵に見えたり、鉢植えを素敵な紙袋に入れるだけで素敵な鉢を入れるケースにもなります。さらにブランドの柄を出したものを額に入れることでもインテリアとして飾ることができる逸品にすることもできます。ですから、工夫次第で使い捨てになるような袋でもうまく生かしていくことができるようになります。

自分流にリメイクをしてみると楽しい

お気に入りの袋をさらに自分の手を加えることで、世界にたった一つのオリジナルの小物などを作ることができます。海外の高級ブランドなどでもらった紙袋などをロゴや模様などの部分を切り取り、写真たてにしたり、小物を入れるトレイにすることができます。ニスなどで上塗りをすることで、販売されている小物のようなスタイルにすることもできます。また、取っ手をつけて雑誌入れや新聞入れにもすることができます。違った使い方としては、ブックカバーにしてみると言うのも簡単ですし、バインダーに貼り付けて使ってみるのもいいでしょう。紙袋を解体して、そのまま包装紙として使ってみることでも大切な人へのラッピング材料にすることもできます。考え方次第でいろいろなアイテムに変身させることができます。