いまやラッピング用品は、いろいろなお店で購入することができるようになりました。ネットショップや文具店、専門店や100円ショップなどでも種類が豊富に揃っています。ギフト用に自分でラッピングする人が増えていることもあり、包装紙や紙袋からそれをセンスアップするための小物まで、自分の好みで購入できるところに人気が集まっています。貰ったら嬉しいと思うラッピングで、贈る相手に喜んでもらいたいという気持ちの人が多いのでしょう。ラッピング用品を購入する場合、まず贈る相手の好みや性格を考えてしまうのではないでしょうか。無難であるオーソドックスな紙袋にアクセントをつけるだけでも喜んでもらうことはできますが、手土産を渡す相手に『特別』という印象を与えることで嬉しさを倍増してもらいたいものです。

外から見ても中を見ても、嬉しい手土産

手土産もプレゼントもそれ自体を、素敵にあるいはかわいくラッピングしてあると、開けた時に嬉しいものです。雑貨でも衣類でも、またお菓子などでもそれに合った袋や包装で喜んでもらうことができます。袋にリボンを付けただけでもかわいいものですが、止め方や縛り方でも見た目の印象が違うので、中の商品や形に合わせて紙の袋かビニールの袋が良いのか、マチのある袋・マチのない袋・きんちゃく袋などから選び、リボンやテープ・装飾用の小物などを使って仕上げます。外袋を開けた時に『わぁ!』と喜んでもらえるとうれしいものです。『こんなラッピング方法があるのだ』と思わせるようなアイデアも実践してみるとよいでしょう。また外袋にも気を使いますが、「持ち歩きたい」と思えるかたちを贈りたいものです。

商品に合った形の紙袋がベストです

ワインやお酒などボトル専用の袋があるように、中身に合わせた袋の形や大きさは大切です。袋だけやけに大きいとか、袋が小さすぎてギュウギュウでは格好がつきません。また外袋は色やデザインにも気を使い、相手の服の色を考えて選ぶことも大切です。分からない時には、どのような服の色でも合うような色や柄・あるいは無地を選ぶと無難ですが、紙の素材やひもの種類にもこだわるとおしゃれ感が漂います。そのような場合でも、ちょっとしたアクセントをつけるとさらにセンスアップします。手土産をもらって嬉しくない人はほとんどいません。見た目も中身もセンスの良いものや、欲しかったものであれば尚更です。普段からラッピング方法を考えておくと、急な場合に役立ちます。手土産を持って、渡す相手に喜んでもらいましょう。

オリジナル印刷の紙袋が格安でオーダーできます。 パッケージ制作のノウハウを、全てお客様に還元したいと考えておりますので、まずはお気軽に大阪の本社もしくは東京営業所にお越し下さい。 創業59年、ネット販売16年の実績がございます。 紙箱のロゴマーク印刷を100個より対応しております。 ヤマゲンでは紙袋や手提げ袋、紙箱、段ボール箱といった紙製品を格安低料金でオーダーメイド販売しています。 短納期で安心価格の紙袋制作はヤマゲン